【縁結び】東南アジア最大級の中国寺院「天后宮」のお祈りの方法

天后宮、 クアラルンプール

マレーシアは多民族国家で、その一つに「中華」の文化があります。その象徴としてあげられるのがお寺なのですが、クアラルンプールにある最大規模のお寺、それが「天后宮」です。

東南アジア最大級の中国寺院、装飾もとても魅力的で中国建築の独特さを見る事が出来ます。

東南アジア最大級の寺院「天后宮」

Thean Hou Temple、天后宮

天后宮は1989年に創建された東南アジアで最大規模の中国寺院で、クアラルンプールの観光スポットとしてとても有名です。

そして多くの日本人観光客も来るスポットです。

入口からは階段がとても多いので要注意。腰にきます、、、そんな階段をかけあげると目の前に広がるのが写真のエリアになっています。これは寺院の上のエリアになっていて、ここでお参りを行います。

ここが一番メインの場所でこの日は丁度旧正月向けの装飾を付けている最中だった為提灯の装飾が完成していませんでした。

夜になるとライトアップされてとても綺麗になります!

この天后宮は「縁結び」に良いと言われていて、現地人からは結婚式会場としても使われます。
実際に訪れたとき、数組の結婚式が行われていました。

天后宮は大きさだけではない!装飾も綺麗!

天后宮、てんごうくう、

外に目を向けると干支の動物が12種類すべて置いてありました。

これがまだ鼠になっていたのは丑年の旧正月をまだ迎えていない為。
東南アジア最大級の寺院というだけあり、その敷地面積はすごく広い。その分装飾の数も多い訳なのですが、旧正月の時期にくるとさらに旧正月向けの装飾が施されて綺麗。

中国の干支は1月1日ではなく、旧暦のカレンダーに沿っているので旧正月を迎え初めて新年になります。

初見には難しいおみくじの引き方

中国寺院、おみくじ、

このおみくじ、初見では少し引くのハードルが高いですよね。
でも躊躇しないで下さい、実はおみくじの引き方も簡単です。

横には「Donation Box」という箱が置いてあるはずなのでまずそこに寄付をします。※寄付というよりおみくじの代金

次に真ん中にある赤い札の部分を全部を両手で持ち上げ、手放す。
この方法については、訪れた際に他の方がおみくじを引いていると思うので、そのやり方を参考にしてください。

すると1本だけ浮き上がるのでその札に書かれている番号を確認してください。

写真銀色の部分は小さな引き出しが沢山ついていて、全てに番号が振られています。札に書かれた番号と同じ引き出しを開け、中に入っているおみくじを一つ取ります。

分かりにくい?お参りの方法

さあ、中国寺院に初めて来て迷うのがその参拝方法。
初見ではとてもハードルが高いです。日本の寺院に似ている所はありますが、細かいところはやはり違う。

寄付をする。

お線香を取って、横にある蝋燭を使って火を点ける。

お線香を持って神様を順に回る。その際にお線香を頭の前で数回上下。

最後にお線香を香炉に立てる。

と実は至って簡単。

もしわからなくても他のお祈りしている方を見て、その流れに沿って行けば大丈夫です。
お祈りの方法は現地人でも若干の個人差があるらしいので、(見ている限り若干違う)「こうしなくちゃいけない」と細かく気にする必要はありません。

寺院の詳細

営業時間:8時~22時
住所:65, Persiaran Endah, Taman Persiaran Desa, 50460 Kuala Lumpur, Wilayah Persekutuan Kuala Lumpur

お問い合わせはこちらから:

公式FaceBook

コメント